博多生まれ、名古屋育ち。大好きだった「ラの壱 名駅店」が閉店…。

ラーメン

こんにちわ!しゅんごんです。

11月30日金曜日、僕のスマホにメッセージが来ました

衝撃のメッセージです。まさかのラの壱名駅店閉店のお知らせ

そうです。今日12月15日のランチ営業を最後に、ラの壱名駅店は閉店してしまいます。

ラの壱といえば、博多生まれ・愛知育ち。コクのある豚骨スープが最高にキマっている、愛知・岐阜・三重で展開しているラーメンチェーン店です。

ラの壱名駅店は名古屋駅の金時計側、LABIがある笹島の交差点から徒歩1分程度にある、スパイラルタワーズの隣にひっそり営業しています。

僕がいつも乗り換えで使っている名古屋駅の名鉄線近く。正直、ここが潰れてしまうのは辛いです。

駅西の新幹線側だと、ラーメン激戦区となっていて驛麺通りがあるほどですが、こちら側はあまりラーメン屋が多くありません。ましてや、僕の好きな味のラーメン屋だったので、ショックが大きいです。

閉店前に食べ納め

そんな「ラの壱名駅店」ですが、閉店感謝サービスを開催するとのこと。

替え玉か煮玉子トッピングのどちらかが無料になるという神サービス。

早速、学校に帰りに寄ってきました。

注文したのはもちろん「とんこつもとあじ」。麺の硬さはばりかた麺煮玉子トッピング。そして大好きな紅しょうがすりごま、そして胡椒をふります。

豚骨のコク旨味がスープに溶け込み、ごまの風味が最高。そして紅しょうが胡椒がスープの味をより際立たせます。また、スープが絡むラの壱自慢の自家製麺の食感がクセになり、替え玉もついつい頼んでしまう…。

食べ終わるとめちゃくちゃ幸せな気分になれる、そんな一杯でした。

ありがとう、ラの壱。

また一つ、僕の学校後の幸せがなくなってしまい、非常に悲しいです。

今後は僕の生活圏内だと金山駅店になってしまいます…。

ラの壱不足になったら、今度は金山駅の方まで行きたいと思います。

ラの壱ありがとおおおお!!!!!

とんこつラーメン ラの壱
「旨み」と「こく」「香り」を引き出したラの壱ならではの絶品。釜を空けず連続してスープをとる香りとコクの強い「呼び戻しスープ」に、博多ならではの「とんこつスープ」を混ぜ合わせたダブルスープです。濃厚な中にさっぱりとした後味を残したラの壱のこだわりです

コメント