伊東屋のノートクチュールで、オーダーメイドのスタンプ帳を作ってもらった

モノログ

こんにちわ!しゅんごんです。

僕は最近、スタンプ集めにハマっています。
スタンプって観光地や高速道路のサービスエリアなど様々なところにありますが、これが集めると結構楽しいです。

そもそも旅行が好きですが、スタンプを集めたいからどこかに出かけよう!という気持ちにもなりますし、スタンプ帳を見返したらその時の思い出なども蘇ります。

こだわりのスタンプ帳

そんなスタンプ集めなんですが、実はスタンプ帳にも少しこだわっています。

というのはこちらのスタンプ帳、オーダーメイドなんです。写真のぼかしの部分には僕の名前が入っているのですが、名入れもされていて僕専用!おしゃれでしょ~!
なので旅行のときはこのスタンプ帳とカメラは必須ですね!

裏はこんな感じになっていて、

中はこんな感じになっています。

中紙の材質はスケッチブックの紙となっていて、にじみにくいものを使ってはいますが、何しろスタンプによってはインクがダバダバになっていたり、カスカスになっていたりするので、綺麗に押すのは難しいです。
とはいってもそれも味になるので良いですけどね~!

そんなオーダーメイドのスタンプ帳は東京旅行のときに手に入れました。

パーツを選んでノートを作る!

このオーダーメイドのノートは文房具や画材専門店、伊東屋のNote Couture(ノートクチュール)というサービスです。
「銀座 伊東屋」の本店と横浜元町店でできるそうです。

このようにサイズ・表紙と裏表紙の紙・綴じ方・留め具などのパーツ・中の紙などを自由に選んで作ることができます。

老舗の文房具屋さんというだけあり、本当に選べる種類が多いです。

表紙だけでなく、留め具なども一つ一つ選ぶことができるので、こだわりのものを作ることができます。

選ぶ種類が多くてどうしよう…。中身の紙質って何が違うの?という疑問もお店の人に聞くと親切丁寧にサポートしてもらえるので、安心して作ることができました。

注文してからノートが完成するまでは混雑状況にもよりますが、他のお客さんの待ちがない状態で30分程度でできました。ちなみに僕のスタンプ帳は材料費・製本代込で1600円程度でした。

まとめ

スタンプ帳にここまでお金をかけるなんて…と思う方もいるかもしれませんが、僕としてはかなり満足。というか、実物見ると安く感じます。

世界に一つだけしかない、こだわりのスタンプ帳を見ていると、どこかに出かけてどんどんスタンプを押したいな!という気持ちになります。

これからも旅先の思い出を押して、思い出のノートにしたいですねぇ…。

そして、またスタンプ帳がいっぱいになったときは、ぜひまた伊東屋で作りたいなぁと思いました。

コメント